うつ病体験>正直な感情告白

当時、わたしはうつ病と診断はされませんでした。
て言うか、病院にも行きませんでしたが。

確実に精神的に病んでいたと思います。
うつ病は罹った人が勝ちと言う感情を持って
いました。
うつ病に罹ってしまって診断されれば自分の
ことだけ考えていればいいんだという気持ちに
支配されていました。

でも、ここで私が病気になったらすべて終わって
しまうという使命感というより恐怖があって
おちおち病気にもなっていられませんでした。

しかし、精神的には極限状態にあったので
旦那が死んでくれれば、保険金が入るから
借金も返せるし、この苦しみから逃れられるという
感情を何度となく持ちました。

鬼のようですね。
でも、家族は少なくても一度は思ったりするん
じゃないでしょうか。

「この人さえいなくなれば」って…

うつ病体験

トップページ
家族がうつ病に罹ったら
治療法や対処法は人それぞれ
失敗だったかも・この結婚
もしかしてあの時のあの行動は
はじめて離婚を考えた時
どうしちゃったの?変貌していく夫
うつ病・戦いの始まり
.病気休業をいただきましたtxt
自殺の心配と不安
治療に向けての苦渋の決断
うつ病患者の完治を目指すには
私もうつ病になりたい・不謹慎な憧れ
正直な感情告白
うつ病は性格が左右する?
光が見えた ! と本気で思えた頃
新しい道筋見えてきた!かな?
うつ病は完治する病気です
夫・頑張ってます。稼ぐんだ!
一難去ってまた一難・苦しみ再び
二男の突然のうつ病発病
焦る焦る息子の不登校
息子の体調と心境の変化に怯える日々
息子の本心はどっち?
本当の辛さ。うつ病になるまで
兄の一喝。うつ病治療に一役かったよ
うつ病サポートは千差万別
自分の相談窓口を探しましょう!
笑顔が戻った。お兄ちゃんに感謝!
うつ病は周囲に告知しましょう・そして陰で泣きましょう
うつ病に負けるか!お互いがんばりましょう!

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system